トップページ >  ピアノ購入ガイド(ピアノの選び方) >  「新品」VS「中古」どっちにする?

「新品」VS「中古」どっちにする?

新品と中古ピアノ、どっちを購入するか迷っている方へ

「ピアノは寿命があるから新品のほうがいい」
「中古の方が良い音が出る」

などの噂を耳にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。実際には新品・中古で優劣をつけられるものではないのですが、ここでは主な違いをご紹介しておきたいと思います。

新品ピアノと中古ピアノの違い

新品のピアノ

  • メリット
    ・傷や傷みがなく、綺麗
    ・素の状態のピアノから触れることになるので、愛着が湧く
  • デメリット
    ・高価
    ・新品だからと言って、購入時のチェックを怠る可能性が高い

中古のピアノ

  • メリット
    ・低価格で上質のピアノが購入できる
    ・今は製造されていないピアノが手に入る
  • デメリット
    ・誰が、どのように使ってきたピアノなのかは不明
    ・新品より、購入前のチェックは入念にする必要がある

最大の違いは、やはり「価格」と言えるでしょう。グレードの高いピアノは、それなりの価格ですので、新品では手が届かないという方も多いです。

そこで中古という選択肢が出てくるわけですが、きちんとした販売元であればクリーニングやメンテナンスを済ませているので、見た目は新品のような中古ピアノを手に入れることができます。

どちらも購入時のチェックは入念に

音はもちろん、響板も必ずチェック

新品にしても中古にしても、ピアノの購入にあたっては必ず現品を見ることが大切です。新品であっても不具合がゼロではありませんし、中古の場合は販売店によってメンテナンス状態が異なります

どちらであっても注意したいポイントは、「響板割れ」です。響板が割れていると、ある特定の音を弾いた時に雑音が混じります。この部分を修理するにはピアノを工房へ送る必要がある為、最悪の場合、高価な修理費+送料を支払わなくてはいけません。

響板はグランドピアノであれば弦の合間から確認できますが、アップライトピアノはピアノの後ろにまわって裏側から見る形になりますので、「響板を見せて欲しい」と販売員にお願いすればOKです。